• TOP
  • Weekly Post
  • 【Weekly Post】"We will not...act only in self-interest."

【Weekly Post】"We will not...act only in self-interest."戻る

【Weekly post】   

先日行われたオーディションの中で、希望の役をもらっていないメンバーが数名いました。
オーディションでは、そのようなことがよくあります。

メンバーはそれぞれ自分に与えたれた役を受け入れたと思いますが、
中には与えられた役に納得できず、悔しい思いをしたメンバーもいたと思います。


YTJの新しいミュージカル"wordplay"には、以下のようなメッセージが込められています。
出演するメンバーや観劇される皆様に受け取っていただきたい、大切なメッセージです。


How will you ever know who you are
If you don't see for yourself
That we are are connected
You and everyone else?
自分は誰なのかどうやって知るの?
自分自身をみつめて
皆と繋がっている
あなたと皆が繋がっていることを信じて

And how can you ever know who you are
If you don't learn to embrace
That in our story
No character can be erased.
自分は誰なのかどうやって知るの?
皆を受け入れることを学ぶべき 
だって物語の中では 
一人も欠けてはいけないから

We all have our place.
誰にでも居場所はあるから


つまり、アンサンブル、ダンス選抜、とキャストも全員、一人一人重要な役割を果たしています。

役を素敵に表現できるメンバーを探すためにオーディションは不可欠ですが、
アンサンブルがいないキャストだけの公演は成り立たないので、一人一人が大事です。

説明会の際、保護者の皆様へは、
「Aが一番重要な役ではありません。一人一人が大事です」
ということを伝えさせていただきました。


私も学生時代に参加したミュージカルでは希望の役になることができず、
アンサンブルの配役となった時、とても悲しい思いをしました。
でも、今振り返ってみると、全体の成功より、自分の成功を追っていたのだと思います。

メンバーたちには、この経験を通して、
全体の成功のために、自分に与えられた役を全うすることの素晴らしさを学んでほしいと思っています。


私もまだ、日々学んでいます。
We all have our place.

以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

制作運営本部
Gregory 2020.9.30

アーカイブ