【Weekly Post】多様性を楽しむ戻る

【Weekly post】 

先日、ALICEコンテンツをレッスン内に取り組んでいた時のこと。
特にこだわりなくメンバーを2チームに分け、各リーダーを中心に
「TeaPartyを完璧に揃えて最後にお客様がいる形態で踊る」
ということをやったのですが、2チームで雰囲気や揃えるまでの過程が全く違い、
これがとてもおもしろい結果になったのです。

1つ目のチームは、絶対的リーダーがテキパキと仕切り、細かく注意をしていました。
注意されたメンバーは、「はい!ありがとうございます!!」
「すみません!気をつけます!」と、どこかクールなやりとりが続いていました。

2つ目のチームは、お姉さん的なリーダーが中心となり、
一から丁寧に明るく手取り足取り教えていき
スピードは遅いものの和気あいあいとした雰囲気で進めていました。

そして最後、ALICEの舞台をイメージしてやってみるという場面。
1つ目のチームはトランプ兵、2つ目のチームはフラワー・クリーチャーに見えるほど、
2つのチームに違いがはっきりと見えました。

それに加えて、2チームのレッスン着にも違いがはっきり現れていたことに気づき、
そのことをメンバー達に伝えるとそれぞれ大爆笑(笑)
その後は「確かにそうかも~!じゃあ私どの役受けよう?」と話に花を咲かせ、
そんな姿はとても微笑ましいものでした。

2チームのやり方がはっきりと違いましたが、どちらが正しいということではなく、
これこそ本当に多様性だなあ、おもしろいなあと、
多様性を楽しむことをメンバーに教えてもらったような気持ちになりました。
メンバーにも多様性をどんどん楽しめる人になってもらいたいなと思っています。

おもしろく、メンバーから学ぶ場面があることの幸せを感じた、レッスンでの出来事のご紹介でした。
ここまでお読みいただきありがとうございました。

制作運営本部 
栂 2020.6.12

アーカイブ