自分の意志や判断を大切に戻る


みなさん、こんにちは。

日々のレッスンや活動の中で、
様々な「どうすればいいですか?」をメンバー達からいただきます。

私がYTJで活動しはじめた頃はその質問に対し、
困っているメンバー達の為にと、
「こうしてください」「こうしてみては?」と、
すぐに回答していました。

ですが、いま考えてみると、
「メンバー達に回答をしてあげている」、というよりは、
もしかすると自分のその時の
考えをそのまま押し付けているだけだったのかなと反省しています。

そのことに気づいてからは、
「どうすればいいですか?」の質問に対して、
突っぱねているのではない形で、
「どうしたいですか?」「どうすればいいと思いますか?」
とワンクッションを置き、
メンバー自身に考えてもらう時間、
なかなか難しい場合には、一緒に考える時間を設けるようにしております。

ワンクッションを置いて、そのような質問を投げかけてみると、
実は、たいていのメンバーは既に自分の意見や提案を持っていたります。

自分で決断した行動や言動が間違っていたら怒られる、恥ずかしい、、、と、
リスクの部分ばかりを考えてしまい、
だから聞いてみよう。と、
どこか答え合わせのような感覚で僕たちに質問をしてきているのかなと思います。

レッスンや日々の活動を通して、
どんな状況においても「自分の意志」や「判断」で
責任を持って行動ができるような人間、
そして自分で定めた目的を果たす為には、
何をすべきか自分で考え、
決断しリスクを恐れず行動できるような人間、になってもらえるよう、
引き続きメンバー達の様々な質問や疑問に向き合い、
主体性を養っていけるよう努めて参ります。

制作運営本部 天野 2019.8.5

アーカイブ