感謝を伝えること戻る

自分を取り巻く環境、
その環境は、 必ず誰かの支えがあってのもの。

可能性が大きく広がっている人生を歩んで行く子供たちには、
今のうちから何となくでもいいから
そのことを知っていて欲しいというのが私の願いのひとつです。

もうすぐ夏のイベントが始まりますが、
いつもと違う環境になるからこそ、
「いつも送り迎えをしてくれてありがとう」
「いつもレッスン着のお洗濯ありがとう」
「お弁当を用意してくれてありがとう」
「応援してくれてありがとう」
「公演を観に来てくれてありがとう」
メンバーからいちばん身近で支えてくれている誰かへ、
「ありがとう」を伝えてもらいたいなと思っています。

身近すぎるが故に、
普段は感謝を意識していない相手へ、
気恥ずかしくても感謝を言葉で伝えてもらいたい。

そしていずれは、
メンバーから保護者の皆さんへの 「ありがとう」の言葉が溢れたら・・・、
それはどんなに素敵なことだろう!と思います。

私自身も、家族の理解と支えがあってのYTJでの日々。
家族に「ありがとう」を伝えます。

コミュニケーション本部 メディア運営グループ 角田 2019.8.2.

アーカイブ