• TOP
  • Weekly Post
  • 結果を受け止め、次に繋げる糧とすること

結果を受け止め、次に繋げる糧とすること戻る

街中にはTシャツ姿もちらほら見られる陽気となりました、代表の西島でございます。

4月13・14日、「Japan Youth Dance Festival 2019 エリア大会」の最終予選・本選が実施されました。
西島は、関東エリア大会の審査を担当いたしました。

今回の関東会場である横浜YTJホールでは、
観易い客席よりパフォーマンスを存分にお楽しみいただけますよう、
ホール観覧席の配置に工夫を施しての開催となりました。


予選を勝ち抜いたパフォーマンスは本当に見応えがあり、審査の難度が高い大会となりました。

ご観覧の皆様からの盛大な拍手や熱い声援を受け、
演技後のパフォーマー達の晴れ晴れとした表情が印象に残りました。


本選は、盛り上がる演出とともに、全国大会への切符を目指しての熱のこもったバトルが繰り広げられました。
優勝・入賞を手にした方も、入賞を逃した方も、表彰式後は多くの方が涙されており、
本大会に臨む強い気持ちやここに至るまでの数ヵ月に亘る頑張りが感じられ、私も目頭が熱くなりました。


どのような結果であれ、それを正面から受け止め、自ら糧とし、
次のチャレンジに繋げていけることが、コンテスト形式であるJYDFの本旨でもあります。

入賞を逃した方は悔しさももちろんあったでしょう、
それでも入賞者に対して大きな祝福の拍手を送る姿は本当に素晴らしく、
その姿に対し私も心の中で拍手をしておりました。


来る4月29日、梅田芸術劇場メインホールにて全国大会が行われます。
各エリアを制覇したソロ・グループのパフォーマンスを、
ラージオーディエンスの皆様と共に盛り上げ楽しみたいと願っております。


皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

YTJ代表 西島 2019.04.22
 

アーカイブ