多様性を認める楽しい世界戻る

最近、初めてお会いする方とお話する機会が多いです。

お会いするたびに、その方のさまざまな人生観を聞くことができ、本当に感慨深いものがあります。



そんな中、高校・大学と演劇や舞台芸術を学んでいるという女性の方と、お話をする機会がありました。

私は学生時代、いわゆる一般的な普通科です。
なので、高校から専門分野へと進みたいと思った彼女の動機は一体何なのか、非常に興味がありました。


そして、「なんで舞台芸術を学んでみたいと思ったのか」について質問すると、彼女からはこんな回答が返ってきます。

「内気な性格をなおしたい。そして自分自身を表現できるようになりたい。」

想像していなかった返事でした。


・演技が好きだから
・憧れの人がミュージカルで活躍している
・人前でなにかパフォーマンスをすることが好き
・脚本をつくりたい


演劇の世界へ飛び込む人って、上記のような動機で興味を持ちはじめるものだと思っていたからです。

なぜ、内気な性格をなおす効果が演劇にはあるのかというと、彼女が大学で実践していた授業の内容を聞いて「なるほどなぁ」と思いました。



高校ではどちらかというと講義(座学)が中心。
大学に入ると、実践(ワークショップ)が中心となります。

その大学でのワークショップの一例で、あらゆる人物になりきった状態で年金事務所に行くシーンがあるそうです。
あらゆる人物というのは、学校の先生、ショップ店員、高校生、看護師などなど。

その人になりきって年金事務所の事務員さんとお話します。
質問されたときにどう回答するのかを即興で実践するのです。


高校生になりきっていた場合、「あら、あなた!学校はどうしたの?なんでこんな時間にここにこれるのよ。」
といった質問が年金事務所の受付の人からきた場合、即興で返すことが求められます。

こういった質問を的確に答えるには、ペルソナ(人物像)を完璧にイメージを描いておかなければなりません。
例えば、どこに住んでいるか(どこの高校か)、クラブ活動、兄弟はいるのか、通学経路、
趣味、特技、ライフスタイルなどをリアルにイメージする必要があります。

つまり、演じるということは、設定された人になりきるということであり、
自分の性格などは気にしてられないのです。



そして、彼女はこういった演じることを何回も体験することで、
内気な自分の性格を変えられた、と話していました。

多様性を複雑なまま受け入れると違いについて見えてきて、
自分とは違う思考回路がつながれば自分の性格ですら変わる(広がる)のですね。

このようなことを表現の世界では意図的に作り出して体験できるので非常に身になるものだと思いました。



YTJでは、ダンス・歌・演技(ミュージカル)、英語を通じて人とのコミュニケーションをはかり、
それぞれの違いをおもしろがり、新たな世界観を発見する。

人はみんな違うし、違うからこそ他者への興味が湧きます。


だからこそ学校では経験できない、全国のメンバーともつながる意味がある。

そういった背景に浸りながら公演やイベントをみると、感慨深いものがあります。


コミュニケーション本部 本部長 秋山  2019.3.11

 

アーカイブ