インターンシップ募集戻る

基本理念

■全ての子供たち、若者たちのよきパートナーとなり、教育と文化に貢献する。
■創造性と革新性を追求し、多様性を楽しむ。

 

YTJでは、各種ワークショップレッスン内におけるスタッフの指導補助、プロジェクトの企画・運営補助、
またメンバー選考試験の手伝いなど、YTJの活動に幅広くご協力いただける方(23歳以上)を募集しています。

舞台芸術に興味のある方、教師を目指されている方、英語に興味がある方など、
ご応募をお待ちしています。

インターン募集要項
期間 12月、3月、7月、8月の期間で1ヶ月間、週に2回(6時間程度)参加できる方。
時間 上記の期間中で、定期的に活動に参加できる方

平日 15時~20時
土日 8時~14時 or 14時~20時
で2日間選ぶことが出来ます。
 
対象 23歳以上の男女(学生、社会人、主婦等、経歴・職種は問いません)
募集地域 大阪、兵庫、奈良、京都、神奈川、埼玉、千葉、愛知
インターン例 YTJの定期レッスン補助、ダンスや演劇のレッスンアシスタント、
英語教授法ワークショップ、YTJオーディションの補助、
各種ワークショップの企画・運営チームへの参加、合宿への参加等。
 

『インターン参加者の体験談』

大学院生、24歳、女性

小学生向け英語劇ワークショップの最終日にある演劇発表会のお手伝いをさせてもらいました。私は、小学校の英語の先生を目指している関係上、今回参加させてもらったのですが、こんなにも生き生きと子供たちが英語を使っている姿をみたのは初めてでした。ただ漠然と英語を勉強しているのではなく、英語で劇をするという目標を持っているということが、生徒さんのやる気につながっているのだと感じました。今回の参加を通して、将来自分はこんな先生になりたい、こんなふうに子供たちに英語を教えたい、ということが以前より形になって見えてくるようになりました。一日のみの参加でしたが、自分自身について考え直す、また、自分の夢に一歩近づくことが出来た貴重な体験となりました。また、劇を作る過程を体験することもでき、演劇に対して大変興味が湧いてきました。次回はぜひ全日程参加したいです。

小学校補助、25歳、女性

ワークショップ中、常に考えていたのは、子どもたちのフォローです。英語ができる子・できない子、積極的な子、消極的な子、自信のない子、やんちゃな子など、子どもたちの性格や能力は様々です。そんな多種多様な子どもたちが一つのものを作り上げていく中では、ついていけずに輪からはずれそうになったり、自信がなくなったり、恥ずかしがったりと活動に取り組みにくい子もでてきます。そういった個人差やコンディションを考慮しながら、みんなが活動に参加できるよう、少しでも楽しく活動できるように、共に歌い、踊り、演技をしながら子どもたちの交流を深めるように努めました。その中で一番の喜びは子どもたちの成長でした。1回のレッスンの中でできるようになったこと、ワークショップ期間中のスパンで見て変わってきたことを実感する瞬間は、子どもたちもとても嬉しそうにしていました。自信のなかった子がいつの間にか積極的に活動できるようになっていたり、最初は言葉を発さなかった子が小さな声でも歌を歌えるようになっていたり。そして、また次へと進んでいく姿は、私にもパワーを与えてくれました。ここで学んだ経験は、私の普段の学校生活のいろいろな子どもたちとの関わりの中にも生かさせてもらっています。

大学生、22歳、男性

私は、自分の語学力がどれほど通じるか確かめたいという思いがあり、文科省の助成金を受け、私の通う大学で開催された小学生向け演劇ワークショップに参加しました。実際に参加してみるとまず語学力以前に、外国人講師に自分から話しかけるということにかなりの思い切りを必要としました。また音楽をかけるタイミングの指示をされたときや、講師の方が言われたことを訳す際に、すぐに反応できず指導のテンポを乱してしまったのでは、と思うこともありました。それでも数日で何とか対応できるようになったのは、積極的に自分から携わっていくことが、一番のキーポイントだということに気がついたからです。自信がない、失敗をするのが怖いと思っていては何も出来ない、特に語学の習得においては、コミュニケーションというやり取りがとても重要になるということを、この体験を通して改めて実感しました。

主婦、28歳、女性

私は中学校で実施されたワークショップに補佐要員として参加しました。自身、教師ではありませんが、この講座では、ネイティブの先生方の補佐、という立場での仕事をしました。英語で歌を歌う、英語で簡単なゲームを行う、また英語で劇を(練習)するというのが主な授業内容の中で、私の主な仕事は、恥ずかしがってなかなか積極的にならない生徒を盛り上げて参加させることでした。私も生徒の中に混じってゲームなどしました。授業は基本的に終始英語ですので、補佐の私たちも極力簡単な英語で生徒にアピールすることが必要でした。また、休み時間や帰り道に、外国人の先生と話す機会が多くあったので、自分自身の英会話の勉強にもなりました。ワークショップをやり遂げる充実感を味わっただけではなく、色々な経験、経歴を持った外国人講師、スタッフの方とのお仕事を通して新しいものに触れ、自分自身の世界が広がったように思います。

インターン募集

メールでのインターン募集に関しては下記のフォームより受け付けております。
全項目入力必須です。お手数ではありますが必ずご入力ください。
記載内容に誤りが無いことをご確認し、「プライバシーポリシー」にご同意の上「確認」ボタンをクリックしてください。

お名前*

フリガナ*


E-mail*

E-mail(確認用)*
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

電話番号*


郵便番号*


都道府県*

住所*


自宅最寄り駅*


性別*

生年月日*

/ /

学校名(大学名・専門学校名など)*


学部・学科*


自己PR*

インターンシップに応募する理由*

プライバシーポリシー*