• TOP
  • NEWS
  • 【Weekly post】スタートライン

【Weekly post】スタートライン戻る

2021/06/04

麗かな陽気が続いたGWが明け、
例年より早くやってきた
大量の湿気が纏わりつく感覚に鬱々とする中
スタジオでは、座内一色の日々が訪れました。

私が担当しているスタジオでは
全ての選抜クラスと特別選抜クラスが開講しており
その合計所属人数は、80人を越えています。

メンバーの数だけ、これまでのヒストリーと、現在進行形のストーリーがあり...
座内を通じて、数知れずの感動体験をいたしました。

高学年になればなるほど
その姿に幼かった頃の影を重ねて
輝かしい成長を眩しく感じるものですが

今日は、心にぎゅっと深い感動を覚えた
小さな小さな成長について、お話しをしたいと思います。

* * * * *


場面は、wordplayの座内オーディション。

とあるクラスでは、
「スタジオ以外の大きな舞台に、立ったことがない!」
「wordplayって、一体なんだろう!」
「そもそもミュージカルって、何だ!?」と
エンタメ界の雛鳥たちが、日々熱心に活動をしています。

今回座内オーディションに参加をしたメンバーの中には
「今年こそ結果を残すぞ!」というベテラン勢に加え
「とりあえず何事も挑戦だ!」と意気込む新メンバーも多数。


そんな挑戦者たちの、初々しくも頼もしい様子を見ながら
(すでに感謝の気持ちではち切れそうだったのですが)
「失敗は気にしなくて良いから、諦めずに挑戦してね!」
と、何度も声を掛けて座内オーディションをスタートさせました。

舞台にも魔物が潜むように
座内にも、自分ではどうにもならない瞬間が訪れます。

いざ、歌いはじめると、、、

緊張で声は震え
覚えていた歌詞は消え去り
自分の耳が驚くような旋律を奏で
表情は戸惑いで覆われる
今にも大粒の涙が溢れそうなメンバーたち...

でも、決して最後まで投げ出すことはせず
「ありがとうございました」の挨拶をするところまで
しっかりと全うしてくれました。

指導スタッフとしては、
「もっと一緒に練習ができていれば..!」と思うべきではありますが
なんだか私はその姿を、愛おしく感じていました。

孵化の瞬間に立ち合ったような、
"誕生"の感覚に近いものがあります。

「あぁ、この子たちの成長はここから始まるんだな」という
スタートダッシュを切った瞬間を肌で感じたことに
言い表せ無いほどの感動を覚えました。


* * * * *

長い人生の中で、最初の一歩を踏み出す瞬間には
計り知れないほどの大きな勇気が要りますが
その勇気に掛けた熱意は
想像もしなかった未来を連れてくると感じています。

今回の挑戦を経て、このメンバーたちは
どんなストーリーを歩いていくのだろうと
これからの成長が本当にたのしみです。

早くもじーん。。と胸を打つ時間が押し寄せていますが
改めてこの夏を最高の時間にするぞ!と
自身の決意を確固たるものに後押ししてくれた時間でした。

皆さまはこの座内の期間
どんな感動体験がありましたでしょうか?

この夏も、どうぞよろしくお願いいたします!


* * * * *

追伸

昨日レッスン内で一緒に結果を確認したところ
嬉しくて顔をくしゃっとさせて笑うメンバーもいれば
悔しくて悔しくて、ポロポロと涙を流すメンバーもいて
一緒に喜び合ったり慰めあうシーンもあり
その純粋さや素直さに、一層心暖まりました。


制作運営本部
榊 2021.6.4