• TOP
  • NEWS
  • 【Weekly Post】創ること

【Weekly Post】創ること戻る

2022/02/04

皆様、いつもありがとうございます

昨年は各イベントや公演、加えてチームメイキングやマネジメントもそうですが、
様々な環境で多様な創造に携わってきました。

その中でも数ある選択肢の中で自分にとって最も心躍る創造は振付だと、改めて感じる日々です。

振付を考案するのにも色々な方法がありますが、私が一つの作品を仕上げるときは、全体像・構成のイメージを膨らませることから始めます。

曲を聴きながら、テーマと演者に想いを馳せ、頭の中でまだ見たことの無い景色を思い描く時間は至福の時間です。
(ちなみに最も思考を加速させるロケーションは電車です。
通勤時間は少し時間が掛かった方が思考整理出来るので嬉しい)

形を作ることには未だ苦手意識が強く、イメージが掴めない中で鏡の前に鎮座したとて、数時間掛けても何も思い浮かばず...という事もしばしばあります。

目に見える形にする為に、自分の思考を具現化させるという工程を効率的に進めていくには、まだまだインプットの量が足りていないのだろうと反省の日々です(この音にこういう振り付けを充てたい、と作品を作れるコレオグラファーの皆さまを本当に尊敬しています...!)。

YTJメンバー達と作品を創る時も、その場で振り付けを考案する事が多いです。

イメージを伝えながら、演者に実際に動いてもらい、その中でインスピレーションを受け取っていく。演者とのセッションを通じて、自分だけでは生み出せない理想を超えた形に辿り着けます。その瞬間を求めて、これまでにも身体表現を通じたメンバーとの対話に時間を掛けてきました。

嬉しい、楽しい、悲しい、悔しい、、
色々な感情がありますが、振付の工程で得られる感情は何とも言葉にし難い、とてもとても、幸せな気持ちで包まれます。その時間を一緒に過ごしてくれるYTJメンバー達にも、心から感謝しています。

クリエイティブであり続けることが、自分を形成するのに大事な要素のひとつです。


クリエイティブな思考を止めない為に、

新しいダンスジャンルの習得にチャレンジしよう
色々な作品を全身で感じて吸収しよう
たくさんの本を読んで心の旅をしよう
自分の脚で歩いて見た事のない景色を見に行こう

等など、

まだまだ未熟な自分をアップデートし続ける事を
2022年、一番の目標にしていきたいと思います。


制作運営本部 榊