• TOP
  • NEWS
  • 【Weekly post】なにも指示しなくても空間をわかってくれるなんて…

【Weekly post】なにも指示しなくても空間をわかってくれるなんて…戻る

2021/05/10

せっかくのGWも2年目にしてまたコロナ禍で自粛生活。
そして延長しますね。

外食で気分転換!も、出来ず
結局タイに住んでいる娘を思いながら
タイ料理を作ってタイへ行った気分を味わったり…
我が家の可愛い、可愛いわんこちゃんと戯れる日々…

みなさん、どの様に過ごされましたか?

さて、5月5日に6月活動開始メンバーの募集が終わりました。
中旬に第二次試験が行われます。
選考試験ではYTJの現役小学生メンバーがお手伝いに来てくれます。

受験生にゼッケンを付けたり…
順番通り列に並ばせたり…
ダンスのお手本を務めたり…
そのためだけに1ヶ月練習しているわけでもなく
始まる前に30分ぐらい説明をします。

彼、彼女たちにとっても受験生の前でちゃんとできるのかとても緊張をしているのです。
いざ選考試験が始まるとその緊張が我々にも伝わってきます…

ある選考試験の時。。。
順調にいってたデッキが急に音が出なくなり
スタッフも審査員としてその場にいた私も焦りました。

もちろんスタッフは
「少しお待ちください…」と、
電源を付けたり、消したりと必死で保護者に声を掛けながら
デッキを直そうとするが音が出ず…

無音とスタッフの焦った声、私もなにもできない中
YTJ小学生メンバーが急に「さぁーみんな 出発するところはどこかなぁ?」「ここー」
「そうだよねーじゃあどこまでいくのかなぁ?」
デッキが直るまで
我々が指示した訳でもないのに
大きな声で受験生を和ませながら
その時間を上手に過ごさせたのです。

素晴らしい…

もしパートナーシップ教育がなされていなければ
きっとメンバーは我々、大人の指示を待つだけだったでしょう…

動けることはなにか?
何をすれば良いか?
レッスンの中でも対等な立場を築き上げてきたので
判断し動いてくれました。
尊敬いたしました。

我々が率先して
年齢に関わらず お互いを尊重しあえる環境作りを
進めていきたいです。

ありがとうございました。


制作運営本部
髙田 2021.5.10